身につくc言語-1回目 出力-

c言語での入力と出力

c言語だけにこだわらず、ほとんどのプログラミングで基礎となるのは「入力」と「出力」です。

 

まず一番最初に知ってほしいことだと思って1回目に選ばせていただきました。

 

入力や出力というのは実際に結果が目に見えるので、やりがいもあります。

 

今回は出力をしていきましょう。

 

入力をするには

c言語で入力を可能にするには


#include<stdio.h>

printf("");

この二つを使用します。

 

説明

#include<stdio.h>は

printf関数を使用できるようにするための宣言です。

 

これは暗記ですね。

 

printf(“”);は

“”の中の文字列を画面に出力する関数です。

 

 

いきなり関数なんて言われても難しいでしょう。

いまは、「文字を画面に出力するための文字」程度のに覚えてください。

 

 

例えば「おはよう」を出力したいときは「printf(“おはよう”);」と記述します。

 

ソースコード例


#include<stdio.h>
int main(void)
{
	printf("こんにちは");
	
	printf("こんばんは");
	
	return 0;
	
}

 

このプログラムを実行すると「こんにちはこんばんは」という文字が画面に表示されるでしょう。

 

しかし、これでは、どこが区切れ目なのかわかりにくいですよね。

 

そこで、改行を入れてみたいと思います。


#include<stdio.h>
int main(void)
{
	printf("こんにちは¥n");
	
	printf("こんばんは");
	
	return 0;
	
}

 

どこを変えたかというと「こんにちは」の後に「¥n」が入っているのが見えますよね。

 

これが、改行を意味します。

 

演習問題

問題1 画面に次のように出力しなさい



こんにちは、今日はいい天気ですね。

問題2 画面に次のように出力しなさい


「あなたの年齢は何歳ですか」

「私の年齢は20歳です。」

 

(2文の間は1行あけなさい)

演習問題回答と解説

問題1解答


#include<stdio.h>
int main(void)
{
	printf("こんにちは、今日はいい天気ですね。");
	
	return 0;
	
}

ここは「¥n」をつけたほうがいいですが、つけなくても大丈夫です

問題2解答


#include
int main(void)
{
	printf("「あなたの年齢は何歳ですか」\n");
	printf("\n");
	printf("「私の年齢は20歳です。」");
	
	return 0;
	
}

ココでのポイントは「¥n」を二つ続けて書くことです。

 

慣れてきたらこちらの書き方も試してみてください。


#include
int main(void)
{
	printf("「あなたの年齢は何歳ですか」\n\n「私の年齢は20歳です。」");
	
	return 0;
	
}

c言語には行という概念がないので、このような書き方でも実行できます。

 

あなたの見やすいほうで、書きましょう。

まとめ

基本となる出力というのは、ほんとに大切なものです。

 

これ以外にもprintf();の使い方があります。

 

それは「変数」という概念を覚えてから書くことにします。