身につくC言語-0回目 C言語のセットアップと基本形-

はじめに

まず、本サイトを閲覧くださりありがとうございます。

きっと、プログラミングに興味のある方、c言語を学んでみたいという方だと思います。

c言語とは「プログラミングの考え方」を身につけることができます。

javaやC#などのほかの言語を学ぶ時も「c言語」を知っているか知っていないかで理解するスピードが全然違います。

将来プログラミング関連の仕事に就きたいという方は、学んでおいて損はない言語です。

c言語開発環境の準備

c言語は買ったばかりの状態のパソコンでは、動かすことができません。

どのように動かすかという「c言語開発環境」をインストールする必要があります。

インターネットで検索すると、たくさんのものが出てきますが、その中で私が使用したことがあるものをご紹介します。

  • visualstdio
  • 学習用c言語開発環境

この2つです。

visualstdioはc言語に限らず様々な言語を使用できるため、便利なことは確かですが、初心者には操作が難しいと感じます。

私のおすすめは、「学習用c言語開発環境」です。

難しい設定などはいらず、ダウンロードしてすぐに使うことができます。

まずは、こちらをダウンロードしたほうがよいでしょう。

学習用c言語開発環境のダウンロードはこちらから↓
学習用c言語開発環境

詳しい設定の仕方は、リンク先の「苦しんで覚えるc言語」様のわかりやすい解説をご覧ください。

実際にc言語を動かしてみる

学習用c言語開発環境でダウンロードした方は、元からソースコード(プログラムのコードのこと)が書かれていると思います。

が、新規作成してまっさらな状態にしましょう。

ファイルから新規作成ができます。

名前は適当で大丈夫ですが、ローマ字でつけるようにしましょう。日本語にするとうまく実行できない場合があります。

なぜプログラミングの最初は「hello world」と出力させるのか

私も独学でc言語を学んだ時に一番最初にしたことは画面に「hello world」と出力させることです。

なぜなのかはわかりません…。

ということで、ここでも最初に「hello world」と出力させてみましょう。

では下のソースコードを入力してください。


#include<stdio.h>

int main(void)
{
	
	printf("hello world");
	
	return 0;
	
}

はじめですので、コピー+ペーストでもよいですが、将来を考えて1から手打ちをしたほうがいいと思います。

実行、またはコンパイルして実行などをクリックしてください。

hello worldと出てくると思います。

これであなたも「プログラミング」をしたということになります!

c言語はコンパイラでコンパイルする

何を書いているかさっぱりという方も多いと思いますが、大丈夫です。私も最初は全然でした。

まず大前提として上に書いたc言語のソースコードそのままではコンピュータは理解してくれないということです。

そこで「コンパイラ」さんが機械でもわかるように翻訳する作業をしてくれます。

その翻訳することを「コンパイルする」といいます。

ここで使用している学習用c言語開発環境は、「コンパイル」だの「コンパイラ」だの意識しなくても実行をクリックするだけで翻訳してくれます。

今はとりあえず、「コンパイルしてくれてるんだなぁ」くらいに思っていても大丈夫です。

ソースコードの意味

上記のソースコードの意味を解説していきます。

まずは、


#include<stdio.h>

int main(void)
{

return 0;

}

ここは、この時点では「暗記」しましょう。

どんなc言語のプログラムでも使用します。

きちんとした意味はあるのですが、難しいので形を覚えましょう。


printf("hello world");

というのが{}の中にありますよね。

ここが一番大切です。

意味は「printf(“”);」の「””」内に書かれたものを表示させるということです。

今は「hello world」と入れましたが、自分の好きな文字や数字を入力してみてください。

違った出力結果になると思います。

まとめ

第0回ということで、開発環境を整えることや基本的な型を解説しました。

これであなたもプログラミングを作成したことになります。

どうでしたか?案外簡単だったり、思ったより難しかったりさまざまあると思いますが、ここでは「無理なく」を目標にして生きたと思います。

すぐに覚える!!という風に考えず、気長にやっていきましょう。

スポンサーリンク