身につくC言語-演習問題3回目 関数と構造体-

今回はプログラミングをよりわかりやすくする「関数」と「構造体」を中心に出題していきます。

 

問題1 画面に整数を入力し出力しなさい。(ただし、nyuryoku関数を作成しその関数の中で入力させること、戻り値はなくてよい)

問題2 main関数で整数を入力させ2乗を出力しなさい(nizyo関数内でその数を2乗して戻り値も設定すること)

問題3 生徒5人の英語の点数の合計と数学の点数の合計を出力しなさい。値は任意(ただし構造体を使い変数を確保すること)

問題4 main関数で文字列を入力し、pri関数で出力しなさい。戻り値はない。

 

身につくC言語-演習問題3回目 解答と解説-

関数や構造体というのは、使うことができなくてもしたいことはできます。

 

しかし、これらを使えることによって、よりスムーズに実行できたり、わかりやすいソースコードになることがあります。

 

イチオシの書籍

僕は、最初この本で学習しました。 高校生の時に学習しましたが、今でも「この本は分かりやすいかったなぁ」という印象を持っています。 c言語の書籍に迷っている人がいたら、こちらを強くお勧めします。 ぜひ。

演習問題
スポンサーリンク
シェアする
C言語練習問題集